目が小さい理由と原因とは?デメリットを口コミや評判をもとに解説!

06.162017

この記事は6分で読めます

女性であれば、大きくて、可愛いパッチリとした目に憧れますよね。

この記事を読んでいる女性も、もしかしたらその1人かも知れません。

 

この記事では、目が小さい理由や原因、そして、デメリットなどをまとめていきたいと思います。

目が小さいと悩んでいる女性は是非、最後までご覧ください。

 

目が小さい事によって起こるデメリット

みんな目が小さい事で悩んでいる様子が各SNSの口コミでよく分かります。

中には『目が小さくてメリットはありません!』と、目が小さい事をコンプレックスにしている方もいるようです。

 

それに女性だけでなく、男性の方にも、目が小さい事を気にしている人が多いように感じました。

 

という事で、まずはじめに、目が小さい事によって起こるデメリットをご紹介していきます。

SNSなんかを見ていると、目が小さい事が不便になっている女性がたくさんいましたよ!

 

目付きが悪くなる

目が小さいと目付きが悪くなります。

目が大きい人に比べると、目が細くなりますので、普通にしていても睨んでいるように思われ、勘違いされる事もあるようです。

 

確かにこれは深刻な問題ですよね。

 

幸が薄そうに見える

目が小さいと幸が薄そうに見えるようです。

目が大きい人は華やかな雰囲気をナチュラルに感じる事ができますが、目が小さい人はそれがありません。

 

この問題も結構深刻です。

 

根暗に見える

幸が薄そうに見える事に関連してくるのですが、目が小さいと根暗に思われる可能性もありますよね。

特に目が大きい人の隣にいたら、比べられて、そんな風に思われてしまいそうです。

 

視野が狭くなる

目が小さい人は視野が狭くなるみたいなのですが、これは嘘のようで本当の事です。

目が小さかったり、細い人の視野は、そのまま瞼裂(目の開いてる部分ですね)を広げることをしなければ、当然ながら、眼瞼によって遮られた部分の視野は『見えない』ということになります。

これはテレビ番組でも以前、実験をしていたのですが、結果は驚くほど上下左右の範囲は狭かったです。

 

目が離れて見える

目が小さい人は目頭と目頭の間が広くなってしまいますので、当然ながら目が離れて見えてしまいます。

反対に目が大きい人は、目頭と目頭の間が狭いので、中心に寄っているように見えてしまいます。

 

どちらが良いとは一概には言えませんが『目が離れてるね。』と言われてしまいますと、あまりいい気分ではないですよね。

 

コンタクトが入りづらい

この問題は、目が小さい人の『あるある』なのではないでしょうか?

目が小さいと、コンタクトをはめる時、瞼に邪魔されて、なかなかコンタクトをはめる事ができない人も多いようです。

 

これは非常にイライラしますよね・・・。

 

メイクが難しい

目が小さい人はメイクが難しいとよく言われていますよね。

目を大きく見せる為に、ありとあらゆるメイク技術を使わないといけないので、必然的に難しくなります。

 

メイク映えしない

目が大きい人がメイクをすると一気に華やかに見えるのですが、目が小さいと・・・華やかに見える事はあまりないようです。

最近では、目が小さい人でも上手くメイクをする事で、大きく見せている人も多いのですが、かなりメイクの練習をしないと、なかなか大きく見せる事は難しいと思います。

 

ナチュラルメイクができない

女性の間で、ナチュラルメイクがトレンドになっていますよね。

ですが、目が小さいと華やかなナチュラルメイクは、ほとんど不可能に近いですよね。

 

ナチュラルメイクは目が大きい人にこそ、似合いますし、可愛く見える部分があります。

 

目が小さいとアイラインを太めに書いたりしないといけないので、その辺りを考えると、やっぱり目が大きい人の方が特ですよね〜。

 

そもそも目が小さい人と大きい人だとどっちが魅力的?

考える

多くの女性は『目が大きい人の方がモテるに決まっている!』と、感じている事でしょう。

ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

男性の可愛いと女性の可愛いは全然違いますので、もしかしたら、あなたが思っているよりも、男性はそこまで相手に求めていないかも知れませんよ。

 

男性は養護欲求が強い

男性には養護欲求が強いと言われています。

養護欲求というのは、誰かを守ってあげたい!と、無意識に思う心理的欲求の事になります。

 

つまり男性は弱い女性を好む傾向があるのです。

 

で、その養護欲求を引き出す最大の要因は『幼児性の特徴』と言われています。

幼児性の特徴がある女性は『大きな目・小さな鼻・小さなあご』があると定義されているようですね。

 

まぁ簡単に言いますと、大きな目で小さな鼻、さらに小さなあごを持つている女性に、男性は無意識に惹かれていくという事です。

世間一般的には、目が大きい方がモテるとされていますが、実は生物学的に考察しても、同じような結果になります。

 

目の大きさは単体ではなくバランスが大事

確かに、目が大きい女性がモテる事は間違いないです。

でも、目が小さい人は決して悲観的になる事はありませんよ。

 

目というのは、単体で見られるのではなく、それ以前に顔全体のバランスに対して、見られる傾向があります。

どういう事かと言いますと、要は目が大きくても顔とのバランスが合っていなかったら、いくら目が大きくても、ちょっと怖かったり、強い女性に見える事になります。

 

なので、決して目が大きいだけがモテる為の要素ではなく、目が小さくてもモテる人はモテるし、可愛い人は可愛いんです。

また、今はメイク技術もどんどん進化していますので、もともと目が小さい人でもメイクだけで目を大きくする事は十分できます。

 

このように、生物学的には目が大きい人の方がモテるとされていますが、実際は、目と顔のパーツバランスが重要になってきますので、目がもともと小さい人でも、メイクなどで上手くカバーすれば可愛い顔になる事ができます。

なので、目が大きい人が絶対にモテるとは一概には言えないという事になります。

 

では、続いては・・・目が小さい理由・原因を詳しく解説していきたいと思います。

この記事を読んでいる人の大半の女性は小さい目を大きく見せる為に毎日努力をしている事でしょう。

 

でもなかなか目が大きくならないと悩んでいる女性も多いと思います。

目をナチュラルに大きくしたい人は是非、ご覧ください!

 

目が小さい理由・原因を徹底解説!

目が小さいと何かと不便な事って多いですよね。

それに目が小さい事をコンプレックスにしている女性もたくさんいます。

 

実は目が小さい人には、様々な原因・理由というものがあります。

今から、その原因・理由を徹底的に解説していきたいと思います。

 

蒙古襞が原因

目が小さい原因としては、蒙古襞が深く関係していると言われています。

蒙古ひだとは、上まぶたの目頭の部分を覆う、ひだのことです。

涙丘と呼ばれる、目頭にある赤みを帯びた粘膜の部分が隠れている人は、蒙古ひだがあるタイプになります。

 

実は蒙古襞は日本人や中国人、韓国人、モンゴル人などに多く見られるまぶたの形状になります。

また、蒙古襞を持っている日本人は全体の約80%と言われていて、まさに多くの人が生まれつき持っているまぶたになります。

 

では、なぜ日本人は蒙古襞を持っている人が多いのでしょうか?

実は、それにはきちんとした理由があります。

 

蒙古ひだは、極寒の環境から目を保護するために発達したと考えられています。

なので、私たちが生きる為、そして身体を守るために進化したという事が分かっています。

 

言ってしまえば、生物学的には非常に優れた機能であるということです。

 

『余計な進化をしてくれたな〜』と、感じている人も多いかと思いますが、この蒙古襞は目を守る為の機能になりますので、むしろ感謝しなければいけません。

 

遺伝が原因

目が小さい原因・理由の中で多いのが『遺伝』になります。

母親・父親のどちらかが一重まぶたの場合は、高確率で一重が生まれてきます。

 

結果としては、一重なので、目が小さく見える原因にもなります。

これも自然に起こりうる事なので、私達がどうこうできるレベルではありませんよね。

 

最近では、遺伝子を操作する技術が進んでいますので、もしかしたら将来的に、二重の遺伝子を優先できるようになるかもしれません。

 

むくみ・脂肪

目が小さい理由・原因としては、まぶたのむくみや脂肪の可能性もあります。

まぶたが腫れぼったい人は特にその可能性がありますよね。

 

まぶたにむくみや脂肪がありますと、様々な悪影響を及ぼす事があります。

 

  • たるみ
  • おでこのシワ
  • 頭痛や肩こり

 

まぶたに脂肪やむくみがある場合は、上記の悪影響を及ぼす可能性があるんですね。

まぶたがたるんでしまいますと、皮膚の老化も促進され、目元のハリや弾力が失われます。

 

また、目が小さいと目を無意識に見開いてしまい、おでこに負担がかかりますので、おでこのシワの原因にもなりかねません。

それと同時に頭痛や肩こりの原因にもなります。

 

このように、まぶたのむくみや脂肪は目を小さくするだけでなく、健康状態にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

生活習慣

目が小さくなる原因として、生活習慣も深く関係しています。

生活習慣が乱れてしまいますと、まぶたのむくみ、または脂肪が付いてしまう原因になります。

 

特にアルコールに関しては、注意が必要です。

 

アルコールを摂取した次の日は、体全体がむくんでいます。

当然ですが、まぶたもむくんでいますので、アルコールの飲みすぎには注意したいところです。

 

また、そんな不規則な生活習慣が慢性的になりますと、まぶたのむくみが取れなくなる可能性も十分にありますので、生活のリズムを整えて、規則正しい生活を送るようにしておきましょう。

そうする事で、むくみ・脂肪の原因は回避できる可能性が非常に高まります!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は目が小さい理由と原因、そしてデメリットを解説していきました。

 

目が小さい原因には、遺伝はもちろんですが、その他様々な要因がありましたよね。

この中で、あなたに当てはまるものはありましたか?

 

もちろん、今回ご紹介した原因・理由の中で、改善できるものはたくさんありました。

この記事を参考に、是非、改善・対策方法を導き出して、小さい目から脱出して、楽しい人生を送っていきましょう!

 

 

 

注目の二重アイテム 



nighteye

関連記事

  1. 可愛くなる方法 顔 中学生 高校生

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。